サイト内全検索 
AND OR

 information

2017/04/21

中田耕治先生のインタビューが収録された、宮岡秀行監督の映画が、「微塵光(みじんこう)――原民喜」としてついに完成しました。5月7日に、第1回両国シネマ天丼2017にて、記念上映会がおこなわれます。終映後には、詩人の野木京子さんが対談と朗読に登場!詳細は左のチラシと、こちら 両国シネマ天丼2017(総合ページ)でご覧ください。

2016/06/03
宮岡秀行監督による映画『裏・原民喜』に、中田耕治先生のインタビューが収録されました。 (この作品は、原民喜没後65年記念として三月に広島で一度上映され、 ワーク・イン・プログレスとして更なるヴァージョンアップが計画されています。)  その撮影にまつわるエピソードなどについて、詩人の野木京子さんが、 「三田文学」2016年春季号にエッセイを寄稿されています。

2015.7.10
・講談社「FRaU」8月号で発表された「第三回フラウ文芸大賞」にて、 クリスティナ・ベイカー・クライン著『孤児列車』(田栗美奈子・訳)が 準大賞を受賞しました。テーマは「女性が女性に向けて読んでもらいたい本」。そこでまさにぴったり「女性の好きな女流作家」山口路子さんより、ご紹介コメントいただきました。

 

前の記事を読む↓


 中田 耕治 訳 / オノト・ワタンナ 著
若き日の永井荷風も読んだ、アメリカン・ジャポニズムの女流作家オノト・ワタンナの小説が、中田流翻訳で現代によみがえる!


 

中田耕治ドットコム とは

作家・批評家・翻訳家として、多彩な活動を続けてこられた中田耕治先生の「今」を
お伝えするサイトです。
パソコンとは無縁の師匠に代わり、有志数名が運営しています。

 

中田耕治 (なかだこうじ)とは
中田耕治

年 譜
インタビュー
中田耕治を語る
Gallery

作家。1927年、東京に生まれる。
戦後、最年少の批評家として文壇に登場し、『ショパン論』『ゴーゴリ論』などがある。
演劇の演出家としては、「闘牛」(3幕)の演出が代表作。作家として『危険な女』、『異聞猿飛佐助』ほか。評伝『ルクレツィア・ボルジア』、『メディチ家の人びと』、『ブランヴィリエ侯爵夫人』など。また、近作に『ルイ・ジュヴェとその時代』がある。翻訳家としては、ヘミングウェイ、ヘンリー・ミラーなど多数。編・訳も多く、近作に『スコット・フィッツジェラルド作品集』、『アナイス・ニン作品集』がある。

中田耕治執筆本
絶賛発売中

中田耕治共著

 

最新過去ログ   
2017/07/08(Sat)  1721

 戦後すぐの昭和20年(1945年)から21年冬にかけて、日本の山村を訪れたアメリカ人ジャーナリストがいた。敗戦直後、日本の国内情勢が混乱をきわめていた時期で、あるジャーナリストが来日したことなど、誰の記憶にも残っていないだろう。

 このジャーナリストは、東京を中心に、関東、中部を熱心に歩きまわったらしい。
 栃木、那須の、ある村を訪れたとき、たまたま雪が降ってきた。淡雪だったらしく、すぐに溶けてしまった。
 彼が出発するときに、宿の主人が宿帳か何かを出して、記念に署名をもとめた。
 そのアメリカ人はこころよく応じて、「それでは日本の歌を書きましょう」といって、二行詩らしいものを書きつけた。むろん、英語である。

    The Snow Came To The Garden
         But Not For Long

 このアメリカ人は、自作に自分の名前を詠み込んでいる。ずいぶん粋な話ではないか。

 作者はエドガー・スノウ。
 スノウは日本の誰かの句を思い出して書いたのだろうか。では、誰の? これまた見当もつかない。
 スノウ自身は、訪日前に俳句の本に眼を通していたに違いない。
 (無謀を承知で)あえて意訳すれば、

    淡雪の庭に降りては消えにけり
    いまし降る雪はつづかぬ庭にして
    降りながら庭に小雪のとどまらず

 いい訳ではない。どうしても理が勝ちすぎる。なによりも、名前を詠み込んでいる酒脱な趣向が出せない。

 スノウは日本を去った直後、半年にわたってソヴィエトに滞在して、ルポルタージュを書いた。これは「サタデイ・イヴニング・ポスト」に発表されたが、敗戦直後の私たちが読む可能性は絶無だったはずである。まして18歳の私が知るはずもなかった。

 スノウは、このルポルタージュを書いたために、アメリカでは左翼として攻撃されたが、皮肉なことに、当時のソヴィエトは、スノウを悪質な反共主義者として入国を禁止している。

 私は左翼ではないので、スノウの著作をほとんど知らない。しかし、敗戦直後に日本の田舎の宿屋に泊まって、わざわざ俳句を詠んだスノウに親しみをおぼえる。
 この句に、敗戦にうちひしがれている日本人を思いやる気もちが含まれているような気がする。深読みだが。スノウは、ジャーナリストとして日本の運命を見きわめようとしていたのかも知れない。

            (私の歳時記・11)

  

 

<中田耕治先生文学講座終了のお知らせ>2011.12.10

koji7年間にわたって続けられてきた「中田耕治文学講座」は、このたび無事終了させていただきました。

最終講義には新旧の受講生が多数集まり、心地よい緊張感のなかで、パワーみなぎる中田先生の熱い講義に酔いしれました。

これまでご参加いただいた皆様に、心よりお礼を申し上げます。

中田先生の刺激的なお話をまだまだ聴きたいと、閉講を惜しむ声が多いため、来年からは「補講」をおこなう方向で検討中です。
どうぞお楽しみに。

全77回の講座各回のテーマは、こちら中田耕治文学講座リストでご覧いただけます。

2   3

絵

兄弟

 

  

大人の逸品 こだわりの道具達 絶版本を投票で復刊!


●●
メールはこちらから●●● 著作権について
中田耕治オフィシャルHPです

本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 中田耕治2005 All Rights Reserved.
イラスト 中田耕治

   Since 2005.4.23